虫歯治療・歯周病治療・小児歯科

sp_tel.png

虫歯治療

将来の状態まで見据えた虫歯治療

将来の状態まで見据えた虫歯治療

虫歯の治療は、削って詰めれば終わるというわけではありません。一度でも削って処置をした歯は、また虫歯になってしまうリスクが高くなってしまうものです。そして、また歯を削り、さらに大きな詰め物を入れる。これを繰り返していくうちに、いずれは歯を失ってしまうことになります。これを「デススパイラル」と呼んでいます。当院では、このデススパイラルを防ぎ、今目の前の症状に対処するだけではなく、常に将来起きうる状態まで見据えた治療を行います。

より良い虫歯治療を実現するための取り組み

豊富な経験に基づく「将来を見据えた虫歯治療」を行っていますが、それを支えるための検査も重要です。歯の状態を客観的な数値で把握できる検査や、虫歯菌の種類と量を測る検査を実施し、より的確な虫歯治療へと繋げていきます。さらに、処置を行う際は、必要に応じてマイクロスコープを使用し、出来るだけ歯を削らず再発を防ぐ為にオゾンガスで治療を行っています。最大限精密で丁寧な治療が行えるようにしています。

早期完治システム

早期完治システム

あおき矯正歯科では、根管治療など通院が必要な治療の場合、先々のご予約をお取りしております。これは、ビジネスマン、小さなお子様がいる方、お忙しい主婦の方々にストレスなく治療を受けていただくためのシステムで、ご好評を頂いております。患者様のご都合の良い日と、治療計画を照らし合わせて複数回のご予約が可能です。

また、うっかり忘れを防止するために予約確認のメールも配信しております。

当院の虫歯治療前検査

ダイアグノデント

ダイアグノデント

虫歯の深さを測るレーザー測定器です。

お口の環境の変化を診断し、肉眼で確認できないような虫歯も早期発見できます。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

肉眼では見えない歯根の治療を、見ながら行うので高品質の治療ができます。

だ液検査

唾液検査

だ液を採取して虫歯菌の種類や量を調べます。効果的な虫歯治療に役立てます。

予防プログラムの作製には欠かせません。

カリオグラム

カリオグラム

ミュータンス菌・乳酸菌の菌数やだ液の量・緩衝能力で、虫歯のなりやすさを数値であらわせるので、ご自身の虫歯の進行度を把握しやすくなります。

症例

症例
不適合なコンポジットレジンが充填されていたため、充填物の隙間から虫歯が発症
症例
充填物を除去
(マイクロスコープの画像)
症例
虫歯部分を除去
(マイクロスコープの画像)
症例
健全な歯質は残します
(マイクロスコープの画像)
症例
充填
(マイクロスコープの画像)
症例
終了

精密根管治療(歯を長持ちさせるための最も重要な治療です。)

根管治療

歯の神経まで虫歯菌が到達した重度の虫歯の場合、根管治療を行います。根管治療は、根管という非常に細かくて複雑な管に入っている神経を除去して薬を詰める、高い精度が求められる治療です。当院では、より根管治療の精度を高めるために、マイクロスコープとラバーダムを扱っています。

ラバーダム

ラバーダム

治療中の口の中の細菌やだ液が根管に入るのを防ぐためにつけるゴム製のシートです。これにより根管治療をより効率よく安全に行えます。だ液が根管治療の妨げにならないので、細菌が入らず確実に行えます。ほとんどの歯科医院では使っていないようですが、アメリカで根の治療を行う際に義務付けられているところもあります。

歯周病治療 / トータルヘルスプログラム~根本的歯周リスク除去システム~

歯周病とは

歯周病で歯を失う

人はなぜ歯周病になるのでしょう。

答えは歯周病菌です。
口の中には常在菌としてたくさんの悪玉菌が生息しています。その一つ歯周病菌が糖を養分に増殖し一つの集合体「プラーク」を作ります。プラークは細菌の塊です。歯周病はプラークに潜む細菌によって引き起こされているのです。細菌が存在しなければ歯周病は発生しません。そしてこの細菌は生まれたばかりの赤ちゃんには存在しません。他者からの感染です。お口の病気の代表的なものはすべて細菌感染症です。
日本人の中高年以上の8割が罹患しているといわれる歯周病は、かつては歯がぐらぐらして口臭がして最後には歯を失ってしまう口の中だけの病気だと思われていました。
しかし研究が進み、直接の原因は歯周病菌ですが、全身疾患や環境因子(噛み合わせやストレス、不規則な食生活や喫煙など)が大きく関与していることがわかってきました。

歯周病の恐ろしいところは、骨が溶けて歯がなくなることもそうですが
心臓病、糖尿病、誤嚥性肺炎、血管障害、早産など死に直結する病気を引き起こすファクターだということです。

歯周病と全身疾患

歯周病で歯を失う

歯周病は歯茎に傷口が開いているのと同じ状態です。

ここから歯周病菌が体内に侵入。くわえて歯周病より生じる炎症性物質までが体内に入り込むことで様々な病気を引き起こしたり悪化させる要因となると考えられています。
例えば動脈硬化におけるコレステロールのように血管の内壁に歯周病菌が入り込み、血管を狭くしたり血流を阻害したりする、これが脳の血管で起これば脳梗塞、心臓の弁で起これば心筋梗塞を引き起こしかねません。
また、歯周病より生じた炎症性物質がインスリンの働きを阻害し糖尿病を悪化させます。糖尿病の悪化は歯周病の悪化を招きさらに糖尿病も悪化させる、まさに負のスパイラルです。そのほか、炎症性物質は母親の体に作用し、子宮の収縮を引き起こす恐れがあります。結果赤ちゃんが押し出され早産や低体重の赤ちゃんが誕生してしまう恐れがあります。
誤嚥性肺炎は、本来胃に入る食物やだ液が誤って気管から肺に入ってしまうことが原因です。そして肺の中でだ液などに含まれた細菌やウイルスが増殖し肺炎を引き起こします。お口の中に細菌が多い状態だと肺に入り込む細菌の量も多くなるのは当然です。

そもそもお口は食べ物を摂取する大切な器官です。食べるという生命に関わる活動を困難にする歯周病は軽く見てはいけない恐ろしい病気なのです。

トータルヘルスプログラム(THP)の意義

世界的な情勢不安の中、我が国日本においても年々医療保障、いわゆる国民皆保険(健康保険制度)における国からの支援、つまり、保険適用範囲の縮小傾向にあります。特に歯科の分野では顕著に見られます。そのため、過去には保険診療により必要最小限できていた予防についても、満足ができる処置ができない状況になりました。

本来歯科治療(むし歯治療、歯周病治療)には多大な費用がかかりま
しかし保険適用という恩恵を受けることにより安価に治療が受けられた結果「むし歯になっても、そのときに考えればいい。」「痛くなったら歯科にいけばいい」という風潮が日本では一般的になってしまいました。
一生涯に使う医療費について考えた場合、治療を前提に医療を利用するのではなく「健康を守る」という「予防」に取り組むことにより、大幅に医療費を削減できると言うことは世界的には当たり前のように知られているのですが、日本ではその考え方が定着していないことが非常に残念です。
今後、国の政策としても保険診療分野はさらに縮小されることが予想され、これまで安価に受けられていた治療も、非常に高額で手が出せない状況に陥ることも懸念されます。
長寿高齢化が進む我が国では、いち早くセルフメディケーション、つまり「予防メインテナンス」という習慣をいち早く取り入れ、生涯の健康を守る必要があります。まずそのために現在抱えているハイリスクな口腔環境をリセット(解消)し、予防メインテナンスが有効に機能する状況を作り出すこと必要があるのです。
そしてそれを可能にする最善の方法が当院が提供する「THP(Total Health Program)」なのです。

歯周病のセルフチェック

以下に当てはまる方は、歯周病になるリスクが高い、もしくは既に発症している可能性があるため、早めにご相談ください。

  • 糖尿病に罹っている
  • タバコを吸う
  • 歯ぎしりを指摘されたことがある
  • 妊娠している
  • ストレスの多い生活をしている
  • 歯茎から出血がある、腫れている
  • 起きたときに口の中がベトベトする
  • 歯茎が痩せてきた
  • 口臭が気になる
  • 両親・兄弟に歯周病の人がいる

あおき矯正歯科の歯周病検査・治療

ポケット診断

sisyuuh you

歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べ、出血、炎症の進行度を確認します。

デジタルレントゲン検査

デジタルレントゲン

通常のレントゲンの3分の1の被ばく量で撮影できるレントゲンで口腔内を撮影し、状態を精密に確認します。患者様自身もモニターでご確認いただけます。

歯周病菌の検査

sisyuuh you

位相差顕微鏡で、歯周病菌の運動や種類、量を確認します。

歯周病細菌検査(歯周病菌の質を調べます。)

sisyuuh you

歯周病の原因菌の遺伝子レベル検査です。BML社へ送り、委託して2〜3週間で結果が分かります。遺伝的なものか、後天的なものなのか、慢性的なものかも推測することができます。

CT検査

sisyuuh you

歯を支えている顎の骨の形態を把握してより安全な治療に役立てます。

T-スキャン

Tスキャン

咬合バランスとその変化を測定します。噛み合わせがリアルタイムに確認できます。

ペリオスクリーン

Tスキャン

だ液中のヘモグロビン(出血)の反応を見ます。

高感度であるため歯周病の初期状態の発見に役立ちます。

だ液検査

Tスキャン

だ液を採り、虫歯菌の質と量や、だ液の緩衝能を調べます。

口腔内模型

Tスキャン

噛み合わせを立体的に見て、様々な方向から噛み合わせを調べます。治療計画の立案の際にとても重要です。歯ぎしりの有無などもわかります。

咀嚼ガム

咀嚼ガム

ガムを噛み「噛む能力」を調べます。

治療方法

ハンドスケーリング

歯周病治療の方法で、1回~2回でお口の中の全てのポケットを健康に回復させます。細菌層のバイオフィルムを1度で取ることは、炎症を改善させ早期に結果を出します。痛みのある方や炎症の強い方は、麻酔をしながら行います。デリケートなポケット内を高度なテクニックによって確実に、バイオフィルムや歯石を除去する事が、歯周病を治す方法です。

超音波スケーラー

超音波振動による歯石除去装置「超音波スケーラー」を使って、汚れを除去します。

痛みが少なく効率が良いので患者様の負担も少ないのが特徴です。電解水を使うため菌の殺菌も同時に行えバイオフィルムの除去に役立ちます。

小児歯科

虫歯治療をするのではなく、虫歯ゼロを目指して

虫歯治療をするのではなく、虫歯ゼロを目指して

お子さんが虫歯で苦しまない。大人になってもきれいな歯で過ごせる。いつまでも自分の歯で食事を楽しめる。そんな理想を実現するために、あおき矯正歯科では、早い時期からの小児予防歯科を行っています。歯が生えてきたときから、将来の歯の状態を決めるリスクコントロールが必要になります。虫歯の治療をするためではなく、お子さんの歯を守るために、できることを始めていきましょう。当院は0才児のお子様が増えています。歯医者さんの怖いイメージが無くなり、楽しく自然に予防がすすみます。

大事なのは、お子さんの意識を育むこと

虫歯リスクを減らすために大事なことは、歯磨きや歯科医院での予防処置だけではありません。食べ物や飲み物の選び方や間食の摂り方なども重要ですし、そもそも自分の歯に関心を持ち、大切にしていこうという意識が欠かせません。あおき矯正歯科では、親御さんとお子さんに、歯に関する様々な情報を提供させて頂き、押し付けたり強要したりするのではなく、自然と歯を守ろうという意識が芽生えるようにアドバイスをさせて頂きます。そうすることで、お子さんも自ら糖分を避けるようになったり、フロスを使うようになったり、歯科医院での予防メンテナンスも当たり前のように受けるようになっていくものです。予防健診を受けて成長すると、成人してからも自ら来院し、結婚した後も家族で予防を続けています。そして、生まれてきたお子様も、御両親と一緒に歯の大切さを学んでいくことを実感される様です。

子供の予防(予防健診)

虫歯治療をするのではなく、虫歯ゼロを目指して

治す=元の状態に戻すということではありません。

「乳歯の後には永久歯が萌出してくるから虫歯にしても大丈夫」と思っている親御さんはいませんか?虫歯の出やすい環境(リスク)を変えない限り永久歯は虫歯のリスクにさらされています。一度削ったとしても、詰め物が取れたり隙間から虫歯になる可能性が高いのです。虫歯になる原因をつき止めずには、治療は繰り返し起こります。当院では、「原因をつき止めた予防」なので、ほとんど繰り返しの治療は起こりません。

また、予防健診では歯磨きもマスターします。基本である歯磨きの練習は小さい頃から始めるほうがいいでしょう。小さい頃は磨き方のクセがなく飲み込みも早いので、磨き方を覚えれば自分磨きを始められる時期も早まります。その他にも食生活の指導などを通して、健康な発育を促すことが重要です。食育にも目を向けて、教えています。

当院の予防処置

当院では虫歯・歯周病を主として、子供・成人用にそれぞれ予防健診とデンタルドックという予防プログラムを作りました。予防プログラムでは、ホームケアで不充分な場所のクリーニングと定期的なチェックを兼ねて行っています。

健診をスタートする前にお口のリスクを調べてから、予防の間隔を決めています。リスクが低くなると間隔も徐々に延び、お家での予防が重視されます。

予防健診スタート前

だ液検査だ液検査

だ液の量・歯質を調べ虫歯のなりやすさ、虫歯菌の量を調べる事が出来ます。

説明説明

検査の結果を説明して、お家でのケアや生活習慣の改善などをお伝えいたします。

予防健診スタート

染めだし染めだし

磨き残しのチェックをします。

説明ブラッシング指導

検査の結果を説明して、お家でのケアや生活習慣の改善などをお伝えいたします。

PMTCPMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥースクリーニング)といい、バイオフィルムを除去します。

お口の中の写真お口の中の写真

お口の中の成長記録と変化を説明します。

フッ素塗布フッ素塗布

高濃度のフッ素を、リスクによって定期的に塗布します。