採用案内

sp_tel.png

 

採 用 情 報

歯科衛生士 採用情報

あおき矯正歯科では、一緒に働いていただける歯科衛生士さんを募集しています。

 

当院は、ハイレベルな予防、ハイクオリティな治療を基本とした健康増進型の歯科医院です。

口の中から体と心の健康までをサポートします。

幅広い知識と技術を身につけることができます。

 

 ★こんな方を待っています。

   ・明るく、素直で、笑顔の素敵な方

   ・向上心のある方

   ・マンツーマンで患者様のお口の健康をサポートしたい方

 

 ★勤務時間

   ・月~土  8:30~18:30 【休憩時間を含む】

   ・休診日  週休2日 (原則水・日/診療カレンダーによる)

 給与

  ・月給 22,000円~250,000円 (常勤)(経験に応ず)

  ・時給 1,300円 (パート)(勤務時間は要相談)

 ★応募

   ・まずは、お電話ください。 0280-91-1180

   ・詳細は追ってご連絡いたします。

 

 ★その他の募集

   ・歯科技工士兼歯科助手(パート) (勤務時間は要相談)

      時給 1,500円

 

  ・受付兼歯科助手 ※要栄養士免許(パート)(勤務時間は要相談)

     時給 1,200円

スタッフの声

当院で活躍している歯科衛生士がインタビューを受けましたので、こちらに掲載させて頂きました。なお、当院では、本気で患者さんのことを考えて成長していきたい歯科衛生士を募集しています。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

インタビューを受けた歯科衛生士

町田 文子

 

倉持 恵美

 

船橋 礼子

まず最初に、あおき矯正歯科で働き始めたきっかけを教えて頂けますか?

町田文子 歯科衛生士(以下、町田):青木先生に会ったときに、歯科衛生士の学校で習ったことや、他の歯科医院でやっていたこととはかなり違うことをしていると聞いてビックリしたんです。それまでは、歯科医師のアシスタントをしながら、器具の洗い物、受付、電話対応などをしていたのですが、ここでは助手の仕事は助手がやるから衛生士は衛生士の仕事をしなさいという方針なんです。それで、改めて「あ、これが衛生士の仕事なんだ!」と気付かされました。

倉持恵美 歯科衛生士(以下、倉持):以前、歯科業界では予防がブームになって、それはあくまでも患者さんを呼びこむためのメニューとしての予防で、私は患者さんのための予防がしたいと思ったんです。そんな話をたまたま同じ業界の人に相談したら、青木先生のことを紹介してくださって、ここで働くことになりました。

医院によって、歯科衛生士のあり方にもいろいろあるのですね。

町田:ここは衛生士を一人前として見てくれて、大切にしてくれます。歯科医師の下でお手伝いをする人ではなく、肩を並べて一緒に患者さんのためにやっていこうよ!というスタンスなんです。それはとても嬉しいことですよね。

倉持:小さなクリニックも組織ですから、自分の想いが必ずしも実現できるわけではありません。日々患者さんと接していると、いろんな問題に直面しますが、なかなかそれを解消するための方法を実現できない。自分がしたいことや自分に必要なことを求めていくうちに、辿り着いたのがここだったのです。

船橋:ちゃんと認めてくれるし、任せられる。だからこそ、よし勉強していこう!という気になれましたし、必死でやっていこうと覚悟を決められました。

勉強というのは、具体的にはどのようにされてきたのですか?

町田:最初は先生が勧める学会やセミナーや講演会に行っていたんですけど、少しずつ自分がどういうものに興味があるか、何をしたいか、ということが分かってきて、自分から参加するようになっていきました。同じセミナーに2回出たこともあるんですよ。講師からは「何でお前2回も来てるんだ!?」と言われちゃいましたけどね(笑)

全く同じセミナーに2回出たのですか?それは凄いですね(笑) 勉強熱心なのがとてもよく分かります。

倉持:私もいろんな学会やセミナーに参加してきました。患者さんの健康のために熱心に活動されている先生から直接お話を聞けるのは、とても勉強になります。そして、院内での業務でもどんどん技術が向上していくのを実感できました。求められている水準がかなり高く、必死でやらないと!という感じでしたから。おかげ様で、今では患者さんの状態を把握して、未来のことまで考えてメンテナンスができるようになりました。

船橋:勉強すると、自分で上を目指して目標を持てるようになるんですよね。

倉持:そうですね。そして、その気になれば領域を制限せずに、インプラント、矯正治療、オゾンを使った治療など、何でも学んでいけます。

そういう人たちばかりだと、お互いの刺激もあって、さらに相乗効果で成長していけそうですね。

町田:そうですね。ただ、院長はやっぱり常に一歩先に行っているので、これからも必死で追いついていかないといけませんね(笑)

倉持:そうなんですよ(笑) あとは勉強会に行くと、他の医院で同じように上を目指してやっている人たちとも仲良くなって、いろんな情報交換ができます。他の医院の衛生士さんの話をきいて「あぁ、そうすればいいんだ。じゃあ明日からやってみよう」となったり、どこどこの医院にはこんな取り組みをしている人がいるよ、なんて話もよく聞いたりします。

船橋:新しいことを勉強しても、それをすぐ職場で活かせるかどうかは別問題なんです。やりたくても院長の方針でできなかったり、必要な材料を購入できなかったりする医院はたくさんあります。でも、ここは自分の成長をすぐ患者さんに還元できる。すると、患者さんの歯がきれいになって私たちにも返ってきて嬉しくなる。患者さんが笑顔で健康になっていくことが楽しくなっていくんです。

他にも、患者さんと接するときに大切にしていることはありますか?

倉持:患者さんにまた来てもらえるようにするということです。元気でまたお会いできるのは嬉しいですし、ご来院頂けなくなると私たちは何もできなくなってしまいますから。そのためにも、患者さんの本当の気持ちを引き出して、その患者さんにとって一番良いことは何だろうと考えながらやっています。

町田:私も、前回と変わらずお元気な状態で会えるというのが何よりも嬉しいですね。患者さんはちょっと落ち込んでるようなときもあるんですけど、そんなときはお口の中で歯と対話するつもりで、患者さんの気持ちを汲み取るようにしています。ここに来たことで、またちょっとでも人生が良い方向に変わってもらえるよう、歯のメンテナンスという面からできることをしていきたいですね。

メンテナンスは担当制ですか?

船橋:そうです。なので、その方のお口を責任持って担当しているという実感があり、そこにもやりがいを感じます。

そんな衛生士の仲間として、今後はどのような人に入って来て欲しいですか?

町田:自分のことだけではなく、相手のこと、全体のことを考えられる人がいいですね。それがあれば、つらいことがあってもグッと堪えてまた続けていけると思いますし。あとはやっぱり、一緒に働くなら明るい対応ができる方がいいかな(笑)

倉持:勉強熱心で、何でも知りたい!身に付けたい!という意欲のある人がいいですね。そういう方に、私が持っているものを、惜しみなく全部伝えていきたいです。

向上心の高い素敵な仲間が増えていくといいですね!本日は、どうもありがとうございました。

町田、倉持:こちらこそ、ありがとうございました。