予防歯科・口臭検査・矯正歯科

sp_tel.png

デンタルドック

予防が全ての始まり

歯を守り、いつまでも美味しい食事を楽しむためには、予防を続けてゆくことが欠かせません。予防というのは、単に「何かを気を付ける」ということではありません。虫歯や歯周病を発症する要因はいくつもあり、自分にとっての危険因子を正確に把握して、リスクをコントロールしていかなければ、本当の意味での予防にはならないのです。まずは検査でしっかりと自分のお口の中のことを知り、効果的な予防を行っていくようにしましょう。

デンタルドックを受けるメリット

デンタルドックは健康な方がより健康であるために受けて頂くシステムです。

糖尿病や心疾患、高血圧などの方は歯周病になりやすく、歯周病を発症させないようにすることで病気も良くなることが分かっています。
ですから、当院では担当衛生士がリスクや年齢も含めてあなただけの予防プログラムを考え、お口の健康管理のお手伝いをしています。
予防の大家、アクセルソン教授の30年間に及ぶメインテナンスデータには「定期的にメインテナンスを受けると失う歯は1本あるかないかです。」との報告もあります。
私たちはこの膨大なデータをもとに、これから先々起こりうる可能性も予知してリスクコントロールをしています。

「自分の健康は自分で守る」方々へ担当衛生士はいつまでも美味しく食事ができ、美しく笑い、健康な心と体が保てるよう家族のようにサポートさせて頂きます。

歯周治療にナノデンタルα

当院のデンタルドックでは、オゾンナノバブル水を使用しています。ナノバブル水とは、直径100ナノメートル以下という極微小のオゾンの気泡を含む水。塩素系の殺菌剤と比べて10~30倍という強い殺菌力を持つ一方、飲用も可能なほど安全性が高いのです。

デンタルドック内で行われるバイオフィルム除去術の際、ナノバブル水で歯周ポケット内を洗浄すると、その後の歯周病菌を高い効果で抑制できます。また、治療中の出血も減少する傾向にあります。

ご自宅のケアのにも最適。ナノバブル水はきれいなピンク色ですが、うがいなどで細菌に触れると無色になります。ちょっと塩辛い味が効果を感じます。

 

リスク検査とデンタルドック

当院では、治療をスタートする前にリスク検査をおすすめしております。その方にとって最適な予防や治療方法なのかを把握し治療計画を立ててゆきます。当院に初めてお越しになった患者さんには、まずリスク検査を実施して、その方にとって最適な予防や治療が何なのかを把握します。さらに、治療が終わったあとは、その状態を保っていくためにデンタルドックで維持してゆきます。又、デンタルドックでは持続的にリスク評価をしてゆく為にワシントン大学の歯周病患者のデータを元にリスク管理をしています。インターネットで直ぐにリスクを知る事が出来ますので結果をお待たせしません。

検査項目

  唾液検査:お口の中の虫歯菌の種類と量を調べます。

  歯周病細菌検査:だ液を検査機関へ送り、歯周病細菌の種類・リスクを調べます。

          遺伝子レベルでの歯周病検査です。歯周病の原因についても把握することができます。

  レントゲン検査:デジタルレントゲンを使って、歯や骨の状態を調べます。

  CT検査:三次元画像によって、さらに詳細な口腔内の情報を得ることができます。

  ペリオスクリーン:唾液に含まれている血液量を調べることで、歯周病の進行度合いや

           自分では気付かない歯肉からの出血(ヘモグロビン)を把握します。

  噛み合わせ検査:口腔内模型を作製し、噛み合わせを立体的に調べます。

  T-スキャン:機械を使って、噛み合わせのバランスや強さを測定します。

  位相差顕微鏡:プラークを拡大し細菌の動きや数、種類などを見て頂きながら説明します。

 

口臭検査

口臭が気になる方へ

せっかく身だしなみを整えても、口臭で台無しになってしまうことがあります。ほとんどの方は、電車の中や会議中に、他の人の口臭が気になったことがあるかと思います。口臭の原因は様々ですが、およそ8割の原因はお口の中にあると言われています。

 

過去の測定履歴も表示します。体調によって、口臭の原因が変化しています。

 

 

口臭検査の判定です。3種類の原因と匂いのレベルがわかります。

歯周病やむし歯が原因か?舌苔か、それともお口ではなく身体の調子が悪いのか・・・。

原因がわかれば対策ができます。

口臭検査を受けてみませんか?

あおき矯正歯科では、オーラルクロマと呼ばれる機械を使った口臭検査を実施しています。口臭があるのかないのか、そしてあるとしたらその原因は何なのかを知ることができるため、適切な口臭予防へと繋げていくことが可能です。歯周病が原因で口臭が発生していることもありますが、舌苔が原因の方や、だ液の少ない方にも口臭が見られます。又、生理的な口臭(朝の起床時や空腹時)も考えられますので、1人でなやまずに御来院下さい。原因を根本的に解消して口臭の無いさわやかなお口を守ってゆきましょう。

矯正歯科

歯並びが気になる方へ

当院ではアメリカの大家の考えにもとづいて矯正治療を行っております。

当院長はRoth Williams Study Club Japanという矯正のスタディーグループに所属しております。

 

矯正治療の大家であるアメリカの故Roth先生は、歯を並べるだけの矯正治療に疑問を持ち、顔貌も歯列も美しく、さらに機能も改善され、その結果が長く続くことを望み、矯正治療を根本から変革しました。矯正治療は噛み合わせを再構成する(新たに作り直す)ことになります。そこで基準として重要なのが、顎関節の安定性です。矯正治療後、顎関節症状が出て、当院に来院される方が稀におります。当院ではそのようなことのない様に診断を重視しています。

特に顎関節のCT、MRI等の診断が重要です。当院ではほとんどにおいて行っています。

当院の矯正治療

歯並びの状態やご要望に合わせて矯正治療をご提案します。

当院では、Dr.Rothの考えのもと、矯正のゴールを「歯の機能性」「顎関節機能の向上」「フェイスラインの美しさ」「歯肉(歯周組織)の改善」「長期安定性」の5つに設定。それぞれのゴールに向けて患者様のお口をもっとも良い状態に近づける矯正治療を行います。矯正治療でお困りの方は、ぜひ一読されることをお勧めいたします。http://www.rwjso.com/

予防としての矯正治療

矯正治療は、もちろん歯並びを改善することで見た目を美しくするという目的もありますが、実はお口の中の健康にも重要なものです。歯並びが悪いままでは、歯磨きが行き届かず汚れが溜まってしまいがちです。そして虫歯や歯周病を引き起こし、将来歯を失ってしまうリスクを高めてしまいます。見た目が美しく、病気のリスクも少ない。それが本当の意味での健康な歯です。

虫歯や歯周病で歯を失ってしまって、良くかめない状態をそのままにせず、矯正で歯列を整えてから冠せ物を作り変える方法もございます。

子供の矯正

将来ずっと歯を守っていくためには、早めに矯正治療をして、きれいな歯並びを作っておくことが重要です。歯がきれいになれば、自然と歯に対する意識も高くなり大切にする意識も芽生えていきます。又、当院はロス先生の考えの元顎関節の成長も考えて矯正治療を行っています。成長期に関節が安定せずすり減ってしまっては将来、顎関節症になることが多く1度すり減ると元に戻りません。装置を付けて歯を動かし見ためだけを重視してしまうと大きなトラブルとなります。顎関節を見ながらの矯正は顔立ちにも影響しますのでお子さんの歯並びや歯の健康が気になる方は、お早めにあおき矯正歯科へご相談ください。

全顎矯正

最もバランスの良い治療ができます。一生に一回の治療ですから、じっくりしっかり治療することをお薦めします。

部分矯正

部分矯正で歯並びを治すことも含めた審美治療が行われるようになってきています。期間があまりかからず、全体的に行う矯正治療よりも短い期間で費用も安く行えます。

インプラント矯正

インプラントを支えにして歯の移動を行う矯正治療です。治療期間は従来の矯正治療より短縮され、良い治療結果を得られやすいとされています。