sp_tel.png

2016.04.07更新

食育指導士 町田文子です。

 

町田先生のI loveごはん

 

 

始まります。

食事の大切さ、栄養のこと、最新情報を

頑張って皆様に発信してまいります。

 

 

 

欧米化された食文化をはじめ、現代は

好きなものを、好きな時に

好きなだけ食べられる時代

にな

っています。

 

私は歯科医院にいながら

「だ液検査での食事キロク」を見るたび

食生活の乱れを感じておりました。

 

飲み物は砂糖いっぱいの清涼飲料水、

おやつはポテトチップス。

おかずは加工食品や冷凍食品をチン!

調理は簡単便利になり、

忙しいお母さんにとっ

ては本当に大助かりです。

 

しかしその反面、栄養価は極端に落ち

アレルギーやキレやすい子供が多くなっています。

 

 

そこで、食の楽しみや食べ物に対する価値観

栄養の大切さやマナーを

若いお母さんや子供たちに教えていこうと強く思い

このたび食育指導士の資格を取りました!

 

 

お口は大切な栄養を運ぶ入り口です。

むし歯しないよう予防も必要です。

「良く咬み、良く食べ、良いからだ」を

目指して皆様の健康をこれからもサポートしていきたい

と思っております。

 

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

2016.04.04更新

明けましておめでとうございます。

今年は申年monkeymonkey

赤い下着を身に着けると良いそうです。

さっそく赤いババシャツを購入heart

 

2016年は情熱的なブログ、

フェイスブック

あおき通信

糖質制限を展開してまいります!

 

衛生士船橋には負けませんpunpun

 

皆様今年もよろしくご指導ください!

高橋

2016年新年号より

受付 高橋一江

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

2016.04.04更新

申年の今年、年女の私は

X回目の年のスタートとなりましたmonkey

 

年齢を重ねた私の今年の目標は

「健康第一」!

 

怪我なく、病気なく、

患者様に笑顔で対応できるよう、

規則正しい睡眠、食事、排泄(笑)を

心がけてまいりたいと思いますni

 

今年もよろしくお願いいたします。

杉谷

2016年新年号より

歯科技工士 杉谷和美

 

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

2016.04.04更新

明けましておめでとうございます。

 

昨年の11月より週1回土曜日のみの

勤務となりました。

 

長年、診療室の歯科衛生士として活動して来ましたが

これからは、診療室の外での活動も

増やしていきたいと思っておりますtoothstar

 

皆様にはご迷惑をお掛けするかもしれませんが・・・・(。’-')(。,_,)

 

今年もよろしくお願いいたします。

倉持

2016年新年号

歯科衛生士 倉持恵美

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

2016.04.04更新

今年もまた、同じ顔のメンバーで

新年をスタートしましたgya

 

私の81歳の母親は入れ歯を入れていますが

(入れババと呼ぶこともありihi

いつもよく動き、よく食べ

たのしく大笑いをしておりますnote2note

 

私も今年は、よく働き、よく笑い

糖質制限で若返りにも挑戦!!!

 

永遠の20歳 受付高橋には負けませんpunpun

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

船橋

2016年新年号より

歯科衛生士 船橋礼子

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

2016.04.04更新

明けましておめでとうございます。

 

「笑顔」は豊かな人生を作るもの。

今年も皆様の笑顔に出会えるような

あおき矯正歯科にしていきたいと思います。

 

また、「食」は健康の源です。

一人でも多くの皆様に食育を通じて

生き方、考え方、学び方のレシピを

発信していきます!

 

PS:大場久美子さんより白い歯は

   私の若さの秘訣です!!!

町田

2016年新年号より

歯科衛生士 町田文子

 

 

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

2016.04.01更新

前回のご挨拶の続きですflower2

 

「健康日本21」の中で

比較的コントロールしやすい

「歯の健康」

診療室

 

 

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*

 

 

最近、生活習慣病の主な原因は

慢性疾であるということがわかって来ました。

 

慢性疾患病巣は主にどこにあるのでしょう?

 

答えは体内に2箇所。

内臓脂肪口腔内の歯周病炎症なのです。

肥満と歯周病、どちらが対処しやすいかというと

歯周病を治すことです。

お口を健康に保つということは全身の健康につながっているのです。

 

 

一方肥満については炭水化物(糖質)の過剰な摂取が問題です。

まして歯がないと食べられるものが制限され、

栄養の偏りが顕著に見られます。

糖質の過剰摂取による糖化物質(AGE)の蓄積、

活性酸素による酸化と、お口が不健康であるためのダメージは

はかりしれません!!

 

 

このように、

健康な生活を送るためにはどうすればよいのかということが、

かなり具体的にエビデンス(証明)とともにわかって来ました。

 

 

今年は皆様に

お口を通した全身の健康づくり

というテーマでよりバージョンアップしたプログラムをご提供し

実際に健康になっていただきたいと思います。

ご期待ください!

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

あおき矯正歯科 

抗加齢医学会専門医

青木英明

 

 

 

 

 

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

2016.03.31更新

こんにちは。

当院では毎月

あおき通信

という会報を作っております。

でも、来ていただかないとお渡しできない・・・・un

だから、HPを使って発信してまいります。

 

 まず、スタートの今日は2016年新年号から・・・・

院長コラム

 

 

(いつか、当月のあおき通信に追いつくでしょう・・・・)

 

 

 

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*

 

 

新年のご挨拶

 

あけましておめでとうございます。

昨年も大変お世話になりました。

昨年はどのくらい皆様のお役に立てたでしょうか?

 

さて、今年の当院の目指す方向をお話しましょう。

現在、国の展開している「健康日本21」には

6つの生活習慣として

「栄養」「運動」「休養」

「喫煙」「飲酒」「歯の健康」

が明示されています。

俺らは生活習慣病のリスクファクターであるということです。

この中で比較的コントロールしやすいのが

歯の健康だと思います。

医療の力でほぼコントロールできます。

あおき矯正歯科の実績が

これを裏付けていると思います。

院長

 つづく

 

受付 高橋

 

 

 

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

2016.03.23更新

これから不定期ではございますが更新してまいります。

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

前へ