sp_tel.png

2017.01.10更新

院長2

 

明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

 

 さて、今年は世の中がさらに混沌とし、先の見えない情勢になる気配がしています。

さらにストレス過多の時代になるというのでしょうか?

 しかし人の体はそんな急激な変化に対応できる構造にはなっていません。

ですからしっかりとしたストレスに負けない体作りが必要になります。

 そんな中で身近でしかも体の多方面に影響にあるストレス対策があります。

それが「お口の健康」です。

お口は消化管の入り口であり、

コミュニケーションする際も

大きな役割を担っています。

 

 人間の体で「細胞と共存している場所」はお口(口腔)と腸です。

腸では体に必要な栄養の一部が作られたりしています。

一方お口では、正常な細菌叢が体の粘膜の保護に役立っています。

ところが歯周病菌が住み着いて悪い環境が整うと、皆さんご存知の

歯周病という慢性の疾患になってしまいます。

歯周病はSilent disease(沈黙の疾患)と言われています。

私たちが知らないうちに、歯肉の毛細血管にアタックして、

そこから体中の血管に様々な悪影響を及ぼしています。

このような慢性疾患の血液へのストレスは

体の健康度を著しく損ないます。

新しいストレスへの対応などできなくなってしまうかもしれません。

 

私たちあおき矯正歯科は、

お口の健康を体の健康作りに発展させていただきたく、

今年新しい試みにチャレンジします。

便利な世の中、しかし体には計り知れないストレスが

のしかかっています。

健康になるためには、正しい知識と正確な技術が

必要な時代になってしまったのでしょう。

 

そんな混沌とした時代を健康に過ごすための情報を

出来るだけ迅速に正確にお届けできるよう

今年も勉強してまいります。

ご期待ください。

 

あおき矯正歯科

抗加齢医学会専門医

青木英明

 

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

2016.04.07更新

2016年2月号

 

あるセミナーで病気と健康についの考え方について、

目からうろこのような考え方に出会いました。

早速ご紹介いたします。

 

なにか病気になってそれを治そうとする時、

たいていの人は同じように考えているでしょう。

つまり、健康だった自分が病気になったのだから、

その病気の部分を取り除けば、

あのころと同じように再び健康になる、と。

 

この考えが従来のものでした。

例えば、健康であると思った人が突然ガンになってしまい、

そのガンを取り除いたとします。

普通に考えれば、これで健康が戻ってくるはず・・・

ですが、その後何度も再発、転移を繰り返してしまう。

なぜでしょう?

 

 

健康であった人が病気になった時、

その病気の部分だけを取り除いても

本当の健康になれません!

 

なぜならその人には「なぜ病気になったのか?」という

「病気の原因」が残っているからです。

 

「病気の原因」をその人から取り除いて

はじめて健康が戻ってくるのです。

 

この考えに触れて、やはり歯科でも同じだと思いました。

むし歯、歯周病も基本的に生活習慣病です。

 

むし歯や歯周病の治療をしたとしても、

その「病気の原因」に迫って取り除かなければ

また再発してしまうのです。

 

 

当院ではさまざまな検査で原因に迫り、

それと向き合っています。

そしてスタッフは患者さまと一緒に

「病気の原因」をどうしたら取り除けるか、

どうしたら減らせるかということを

提案、実践していくべきだと考えます。

 

治療だけでなく、再発させないための予防。

 

今まであおき矯正歯科が行ってきたことは間違いではないと

確信しました。

 

抗加齢医学会専門医 青木英明

2016年2月号より

 

 

 

 

 

 

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

2016.04.01更新

前回のご挨拶の続きですflower2

 

「健康日本21」の中で

比較的コントロールしやすい

「歯の健康」

診療室

 

 

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*

 

 

最近、生活習慣病の主な原因は

慢性疾であるということがわかって来ました。

 

慢性疾患病巣は主にどこにあるのでしょう?

 

答えは体内に2箇所。

内臓脂肪口腔内の歯周病炎症なのです。

肥満と歯周病、どちらが対処しやすいかというと

歯周病を治すことです。

お口を健康に保つということは全身の健康につながっているのです。

 

 

一方肥満については炭水化物(糖質)の過剰な摂取が問題です。

まして歯がないと食べられるものが制限され、

栄養の偏りが顕著に見られます。

糖質の過剰摂取による糖化物質(AGE)の蓄積、

活性酸素による酸化と、お口が不健康であるためのダメージは

はかりしれません!!

 

 

このように、

健康な生活を送るためにはどうすればよいのかということが、

かなり具体的にエビデンス(証明)とともにわかって来ました。

 

 

今年は皆様に

お口を通した全身の健康づくり

というテーマでよりバージョンアップしたプログラムをご提供し

実際に健康になっていただきたいと思います。

ご期待ください!

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

あおき矯正歯科 

抗加齢医学会専門医

青木英明

 

 

 

 

 

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋

2016.03.31更新

こんにちは。

当院では毎月

あおき通信

という会報を作っております。

でも、来ていただかないとお渡しできない・・・・un

だから、HPを使って発信してまいります。

 

 まず、スタートの今日は2016年新年号から・・・・

院長コラム

 

 

(いつか、当月のあおき通信に追いつくでしょう・・・・)

 

 

 

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*

 

 

新年のご挨拶

 

あけましておめでとうございます。

昨年も大変お世話になりました。

昨年はどのくらい皆様のお役に立てたでしょうか?

 

さて、今年の当院の目指す方向をお話しましょう。

現在、国の展開している「健康日本21」には

6つの生活習慣として

「栄養」「運動」「休養」

「喫煙」「飲酒」「歯の健康」

が明示されています。

俺らは生活習慣病のリスクファクターであるということです。

この中で比較的コントロールしやすいのが

歯の健康だと思います。

医療の力でほぼコントロールできます。

あおき矯正歯科の実績が

これを裏付けていると思います。

院長

 つづく

 

受付 高橋

 

 

 

投稿者: あおき矯正歯科 受付高橋